リビングにダウンライトのみでは暗すぎますか?

いえ、ダウンライトのみでも明るさを確保することは可能です。

ダウンライトとは?

「ダウンライト」は天井に埋め込むタイプの照明器具です。お部屋をすっきりおしゃれに見せることができるため、最近では特に人気となりました。

ダウンライトは暗いのか?

現在では「ダウンライト」と言っても光の色や広がり具合、明るさなど、その種類は様々。調光や調色、角度を変更できるものもあり、「ダウンライトだから暗い」ということはありません

ダウンライトのみでもお部屋の明るさを確保することは十分可能ですが、どのような種類のダウンライトをお部屋のどこにいくつ配置するかが特に重要となります。

照明計画の必要性

ダウンライトはいったん設置してしまうと、後から簡単に位置を変更することはできません。配置を変更するには工事が必要であり、費用も発生します。

「住んでみたら暗すぎた/明るすぎた…」という残念な結果にならないためには、その空間の用途を熟慮した照明計画が必要となります。

照明のことは照明の専門家に

施主自身で効果的な照明計画を行うことはかなり大変なため、照明については照明の専門家に依頼されることをおすすめします。

しかし、ほとんどのハウスメーカー、工務店、設計事務所には、照明設計の専任者はいないといっていいでしょう。照明の専門家ではない建築士、設計士、インテリアデザイナーなどが照明設計も兼務することが一般的であり、照明に関する細かい希望や不安を親身にきいてくれるか?というとそうではないことも多いと感じています。

失敗しないだけでなく、より快適な暮らしを手に入れるためには、ぜひ弊社のような照明のプロにお声がけください。お客様の声を丁寧に汲み取り、お客様のご希望以上のお住まいとなるような照明計画を提案します。